相場の上げ下げを予想することなく、
毎月相場で安定的に利益を上げていきたいという方は、今すぐお申込ください。

2013年10月29日

株式会社サイバーエージェントよりハガキ

株式会社サイバーエージェントよりハガキ

株式分割に伴う増加株式数
及び単元株制度採用のご通知との事

新株割当株式数
198株
割当基準株式数
2株
割当後株式数
200株

はて??どういう事でしょう??

取締役会の決議で当社普通株式を1株につき100株の割合をもって10/1日付けで分割致しました。
また、同日付で単元株制度を採用し単元株式数を100株と致しました。

はー、(株)サイバーエージェントの株
今までは、最低株 1株だったのが
100株単位になったって事だと思います。


4751
マザーズ
サービス業
(株)サイバーエージェント

特色 ネット広告代理業から出発。主力はスマホに特化したコミュニティ、ゲームサイト「アメーバ」
連結事業 【連結事業】Ameba関連13(22)、メディア関連33(10)、ネットビジネス総合47(5)、FX5(49)、投資育成0(-62)(2012.9)

代表者名 藤田 晋
設立年月日 1998年3月18日
市場名 マザーズ
上場年月日 2000年3月24日
決算 9月末日
単元株数 100株
posted by yantaの月収300万 at 23:01| 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

株式売買スクール オニールの生徒だからできた1万8000%の投資法

株式売買スクール オニールの生徒だからできた1万8000%の投資法
オニール版“タートルズ”による秘密の暴露!!
伝説の魔術師をもっともよく知る2人による成長株投資の極意!
「買いの極意」と「売りの奥義」完全解説!







多くのトレーダーがマーケットで損失を出すなかで、ギル・モラレスやクリス・キャッチャーは投資で大きな利益を得ている。この差はいったいどこで生まれるのだろうか? ウィリアム・オニールは「株式市場の参加者の90%は事前の準備を怠っている――それが人間というものだ」と述べている。本書はその準備をするための道具である。マーケットに投資をすれば、自分の資金を守れるかどうかが試されることになるのは間違いない。

本書は長年の研究と常識に基づいたルールの結集である。本書では、株式市場を取り巻く次のような現実が詳しく紹介されている。

損切り――損失が6〜7%になったら自動的に損切りをすることの重要性
じっくりと腰を据えて正しい判断を下すことの勧め――利食いはゆっくりと行うこと
精神的な余裕を持つことの大切さ――自分の心理状態をコントロールすることで強い立場から投資をすること
ポジションの集中――多くの株に手を出すような分散投資は必要ないこと
マーケットタイミング――マーケットタイミングは不可能だという者がいるが、実は可能であるだけでなくそれが必要であるということ
投資家が犯す過ち――新米トレーダーや勉強不足の投資家が犯すナンピン買いやボロ株を買うこと
オニールが歴史をさかのぼって成長株の前例を探し、それらをボックス理論に応用した結果、上昇型、取っ手付きカップ(カップ・ウィズ・ハンドル)、ダブルボトム、正方形型、平底型、上昇後に現れた狭いフラッグ型などの独自の株価の調整パターン(ベース)を見つけた経緯
「ポケットピボット」という早い段階で株を買う手法を使い、難しいマーケットの状況でも優位に立つ方法
株価が窓を上に空けたときに買うことで、大化け株を手際よく買う手法
オニール流の空売り手法の詳細

オニールのシステムをより完璧に近づけるために、本書の著者たちはオニールの下で何年も大化け株の特徴を探し出し、分析し、分類し、その有効性を確認するという作業を行った。そのギル・モラレスとクリス・キャッチャーが読者のためにオニール流の投資法を総合的に分かりやすくまとめ上げた本書を読めば、トレーディングの神髄に近づけるだけでなく、莫大な報酬を得る助けになるだろう。

著者紹介
ギル・モラレス(Gil Morales)
www.GilmoReport.com の執筆者兼発行者。www.VirtueOfSelfishInvesting.com の共同 執筆と発行も行っている。ウィリアム・オニール・アンド・カンパニーの元社内ポー トフォリオマネジャー兼主任マーケットストラテジスト。現在はモカ・インベスター ズの常務取締役を務めている。オニールの手法をもとに、1万1000%を超える利益を 上げた。また、オニールと共著で『オニールの空売り練習帖』(パンローリング)も 出版している。スタンフォード大学で経済学の学士号を修得。

クリス・キャッチャー(Dr. Chris Kacher)
www.GilmoReport.com に寄稿しながら、www.VirtueOfSelfishInvesting.com の共同執 筆と発行も行っている。ウィリアム・オニール・アンド・カンパニーの元社内ポート フォリオマネジャー兼リサーチアナリスト。現在はモカ・インベスターズの常務取締 役を務めている。オニール手法をもとに、7年間で1万8000%のリターンを達成し た。カリフォルニア大学バークリー校で化学学士号と原子物理学の博士号を修得。

本書への賛辞
「われわれは、量的緩和や競売が日常的に行われるような史上最も難しいマーケットに直面している。ギル・モラレスとクリス・キャッチャーは不安定さを増しているこのようなトレード環境において独自の投資ツールや手法を使って成功する方法を示している。彼らの『ポケットピボット』手法や空売りのセットアップ、そしてキャッチャー博士のマーケットタイミングを計るツールはどれも画期的である。しかしそれにも増して素晴らしいのが、彼らのようなプロのトレーダーが自分の失敗を分析して、それを正していく様子を知ることができるという点である。優秀なトレーダーを作るのは優秀なツールではない。謙虚な心と柔軟性を持ちながら断固とした行動が取れるかどうかが、トレーダーの成功と失敗を分けるのである」

――パスカル・ウィラン(『EVトレーダー』[パンローリング]の著者)
「今年、本を1冊だけ読むとしたら、絶対に本書を読むべきである。読者の持つ知識、そして大切なことを見る視点を変えてくれる1冊である。守れもしない約束や誇大広告であふれる現代で、これは正真正銘の事実である。彼らの投資結果を見れば、モラレスとキャッチャーの洞察力、情熱、そしてダイナミズムが証明されていることが分かるだろう。口先だけの投資家が多いが、彼らはたしかな実績を残している。先行きの見えない不安定なこの世界で成功したいのならば、本書を読むべきである。きっと新たな成功への道を切り開いてくれることだろう」

――マイケル・ミーガン(『All Will Be Well[オール・ウィル・ビー・ウェル]』の著者
目次
監修者まえがき
第8章 オニールの十戒

第1章 優れた投資法が生まれるまで――オニールの投資法
準備と学習と練習
株は安値ではなく高値で買え
ナンピン買いについて
損切りは素早く
利食いはゆっくり――勝ちトレードを継続させる
増し玉
大型株で機関投資家が保有する銘柄を買う
チャートパターン
リバモアとオニールの提唱するピボットポイント
仕掛けのタイミング――買い時と売り時
感情と予測
個人的な見解やニュースや耳寄り情報
トレードのしすぎ
オニールの手法――テクノファンダメンタリズム
まとめ

第2章 クリス・キャッチャー博士が7年間で1万8000%を超える利益を得た方法
投資の世界に入る
1996年――2000年問題の関連銘柄でボロ儲け
1997年――アジア通貨危機を乗り越える
1998年――マーケットが急上昇する直前の士気喪失
1999年――バブルの拡大
2000年――バブル崩壊
2001年――失敗に終わった空売り
2002年から現在――揉み合い相場とポケットピボットの誕生

第3章 ギル・モラレスが株式市場で1万1000%を超える利益を出した方法
起伏の激しい幕開きから黄金期へ突入
ロケットのような急上昇
1000%増の達成
オラクルがバブルに突入
忍耐と集中
ついに出た離陸許可
ベリサイン――スープの薬味
思考を無にして待つ
天井に近づく
成功の極意
秘密の極意

第4章 失敗に学ぶ
エゴを抑えることが成功のカギ
失敗に学ぶ
問題と状況把握と解決策
結論

第5章 トレードの極意
キャッチャー博士の研究所――ポケットピボットの利点
ポケットピボットの特徴
ポケットピボットの定義
ポケットピボットと従来のブレイクアウトの買いポイントとの違い
ポケットで買う
ポケットピボットを使った底値買い
継続的なポケットピボット――10日移動平均線を利用する手法
買ってはならない欠陥のあるポケットピボット
移動平均線を使った売りシグナル
キャッチャー博士の研究室――主導株が上に窓を空けて寄り付いたところを買う
10日移動平均線と50日移動平均線を使った売りの手法
ここまでのまとめ
結論
第6章 弱気相場に乗る方法――すぐに使える空売りの手法
空売りの黄金ルール
空売りのセットアップ
ロケット銘柄の空売り
結論
第7章 キャッチャー博士のマーケットダイレクションモデル
マーケットのタイミングを計る
チャートで見るシグナルの例
モデルの秘密を盗むことはできるか
タイミングモデルについて寄せられるよくある質問
結論
第8章 オニールの十戒
よくある誤解
エゴを抑制することが生き残る道
第一戒――「自己を見失ってはならない」
第二戒――「恐怖におびえて行動してはならない」
第三戒――「敵から学ぶことのほうが友人から学ぶことよりも多い」
第四戒――「常に自分の犯した失敗を分析してそれを正しながら、学ぶことや自己改善をやめてはならない」
第五戒――「保有銘柄について話してはならない」
第六戒――「株価が天井を付けても有頂天になってはならない」
第七戒――「最初に週足チャート、そして次に日足チャートを使い、日中足チャートは無視しなければならない」
第八戒――「まずは大化け株を見つけ、次にそれを大量に保有する方法を見つけなければならない」
第九戒――「一夜をともにする相手を慎重に選ぶこと」
第十戒――「常に異常なほどの集中力を維持しなければならない」
結論
第9章 ウィリアム・オニールと実践に挑んだ日々
1997〜98年
1999〜2000年
2001〜02年の大不況
2003〜05年の強気相場
まとめ

第10章 トレードは生きること、そして生きることはトレードすること
エド・スィコータ――世界中のトレーダーを助けたある手法
エックハルト・トール――最高のトレードをして最高の人生を送るには心の平穏と充足感が不可欠である
エスター・ヒックス――引き寄せの法則
ジャック・キャンフィールド――自分の能力を最大限に引き出す方法
心理チェックリスト――自分自身に問いかけるべき質問
最後に

付録――キャッチャー博士が選ぶ50冊


監修者まえがき
本書はギル・モラレスとクリス・キャッチャーの著した“Trade Like an O'Neil Disciple”の邦訳である。両著者はかつてオニール社のポートフォリオマネジャーとして働き、キャッチャーが1996年〜2002年に上げたパフォーマンスは1万8000%以上であった。本書は、彼ら2人が行ったトレードを振り返りながら、ウィリアム・オニール流の運用手法を紹介した解説書である。これまでに『マーケットの魔術師』や『オニールの成長株発掘法【第4版】』(共にパンローリング)などで紹介されてきたように、オニールの運用手法はCANSLIMと呼ばれる銘柄スクリーニング法に基礎を置いた成長株投資(グロース投資)である。

運用の世界では、バリュー投資についてはベンジャミン・グレアムやウォーレン・バフェットらが確立した「安全分析(Security Analysis)」が、定番の手法として認知されているが、グロース投資についてはこれといって決まったものがあるわけではない。それはバリュー投資がマーケットの定常状態に依拠しているのに対して、グロース投資が非定常状態をとらえるものであるゆえに運用プロセスをハードシステムに落とし込むのが極めて困難だからである。だが、そうした状況下にあってオニールの運用手法はグロース投資のシステムとして最右翼のひとつといえる。トラックレコードを見てみると、オニール社は、前世紀末のITバブルを見事にとらえたし、その後のバブル崩壊も見事に乗り切っている。ほとんどの「成長株投資」と称するものが実態は後付けの講釈にすぎず、かつマーケットの下落期には全滅となるなかで、オニール社の実績は極めて稀有なことである... (つづきを読む)


第8章 オニールの十戒
モーセは神の手によって刻まれた2枚の石板を持って山から下り、石板に書かれていた十戒を人々に伝えたとされている。しかしウィリアム・オニールの十戒はオニールの口から直接発表されたものではない。本章で紹介するオニールの「戒律」は、われわれの主観による部分が大きい。つまり、明文化されていないが好んで使っているルールや、人生や相場の原理などを寄せ集めたものである。本書でもセミナーでもまだ説明されていなかったこれらの考え方を、オニールは日常のトレードを通じてわれわれに伝えてくれた。われわれのトレード日記はこれまでに学んだ大事な教訓で詰まっている。これらの教訓は株式市場だけでなく、人生においてもすぐに応用できるものばかりである。ウィリアム・オニールはウォール街という、世界を相手にする企業の中心地に存在する業界で、50年以上の時間を過ごしてきた。その経験から、人間関係を築く方法やビジネスで生き残る方法、さらに世の中のさまざまな不確定なことをどう取り扱うかなどについて心得ているはずである。それを読者に伝えるために、われわれはオニールの基本的な考え方や概念やルール、そして原理などを選んでまとめ、これを「ウィリアム・オニールの十戒」と名付けたのである.



株式売買スクール オニールの生徒だからできた1万8000%の投資法
オニール版“タートルズ”による秘密の暴露!!
炭酸水製造機 ソーダスパークル ツインボトルスターターキット+ガスカートリッジ 50本セット 炭酸水

2012年04月16日

上方修正銘柄で利益をあげる成功法則

上方修正銘柄で利益をあげる成功法則


ふりーパパの投資手法について簡単にご紹介します。






エンジュク株投資セミナー

上方修正銘柄で利益をあげる成功法則
ふりーパパの投資手法について簡単にご紹介します。

株式投資をしている多くの方は、
企業の業績修正の発表直後の相場での
大きな株価変動を体験されたことがあると思います。


そしてその株価変動は、
市場のコンセンサスから乖離が大きい発表が出たときほど、
大きくなるということも、経験則から知っていると思います。


たとえば、大きな赤字が出るだろうと誰もが予想していた企業が
大きな黒字になるという発表をすれば、
株価は大きく跳ね上がるという具合です。


ふりーパパは、この上方修正の発表後の値動きを利用して
長年にわたり大きな資産を築いてきた投資家です。

具体的には新高値銘柄をチェックし、
ファンダメンタルをもとに銘柄を分析し、
ボックス圏の上抜けや下抜けをもとに売買を行う方法を取っています。


本講座では、このふりーパパがどのような考え方で銘柄発掘や銘柄分析を行い、
売買を行っているのかについて、具体的な方法をお伝えしています。


ふりーパパが25年かけて培った
銘柄発掘、分析、売買のプロセスは、
簡潔にまとめると以下のようなものです。

1.新高値銘柄をチェック

2.各銘柄の四季報のコメント、業績予想を見る
3.過去の四季報の業績予想を比較し、業績予想の変化を見る
4.最新のニュースを見て、四季報予測と実績との乖離を見る
5.ヤフーファイナンスで時価総額、コンセンサスをチェックし、
  現状の株価にどの程度予測が織り込まれているかを見て、目標株価を想定する
6.マーケットスピードでチャートの形を見る(日経平均とのβ値の比較)
7.過去の会社の業績予想修正履歴を見て、会社の業績予想の信頼度を見る

8.P&Fチャートを用いて売買戦略を練る
9.実際に売買を行い、想定通りにいけば利食い、想定に反すれば損切る


以上のような、再現性の高い
単純化された手法なので、
多くの方は一度そのやり方を知れば、
自分でも同様に実践することが出来る内容です。


厚生書店
本ブック ドットコム
本のおすすめ
posted by yantaの月収300万 at 05:08| 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

日本株だからこそ、着実に儲けることが出来る

日本株だからこそ、着実に儲けることが出来る
私は日本の株式投資ほど安心で確実性が高いと思える投資はなかなか無いと思っています。
日本株だからこそ、着実に儲けることが出来るのです。

現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術
投資の世界はその多くは機関投資家がビジネスとして行っているものです。
素人が下手に手を出すと痛い目にあうと言われることも時にはあるかもしれません。


じゃあ素人は投資をしないほうがいいのか!?


答えはNOです。


素人は素人にあった投資をすれば安心してお金を稼ぐことができます。


日本株のメリットはたくさんありますが、

いくつかあげるならば世界的にも信用が高いので値動きが比較的安定している。


また、自分たちの生活の中に一番密着している投資だということです。


そしてこれは日本株に限った話ではありませんが、例えばFXは上がるか下がるかの勝負に対して、

株式投資は銘柄選びが出来るというメリットがあります。


海外の株式もそれなりの魅力はあるかもしれませんが、海外の情報はまだまだ掴みにくいということもあります。


そこで大金を賭けてやるには大きく利益を得る良さもある一方、大きなリスクとも隣り合わせです。


日本株に関しては3月11日の大震災のあとも、わずかな期間で外国人投資家が戻ってきました。
日経平均もすぐに回復し始めました。

これは日本なら大丈夫という信頼から生まれるものではないかと確信しています。


そういった意味で日本株は本当にオススメですし、今こそ日本株だと思います。


今回、株式投資を勉強されるにあたりさまざまなことをお伝えしていきますが、
こちらのテキストで学ばれたことだけ活用していけば、かなり高い確率で良い結果を出せると思います。
現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術


あなたはチャートを見て、その銘柄が買いか売りか一瞬で判断することができますか? 私は、チャートを見て一瞬で、その銘柄が買いか売りか判断することができます。 なぜなら、チャートにはその答えがすべて示されているからです!! その見方を知りたくありませんか? 現役アイドル慶応大生が初心者から始めた月300万円稼ぐ『株式投資錬金術』を大公開!!!


金・プラチナ買取、楽々!開業マニュアル
posted by yantaの月収300万 at 07:24| デリバティブ実践セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

証券ディーラー山本伸一の株式ギャップハンター

証券ディーラー山本伸一の株式ギャップハンター
後場寄りのギャップを利用してあっという間に利益を上げる“プロの証券ディーラーの投資テクニック”

個人投資家の為のトレーダーズショップ





後場寄りのギャップを利用してあっという間に利益を上げる“プロの証券ディーラーの投資テクニック”を完全マニュアル化!! ●前日までの準備・エントリーの準備・決済方法まで完全マニュアル化! ●勝ちパターンだけエントリーするので、無駄な売買ナシ! ●ファンダメンタルの知識もテクニカル指標の知識も不要! ●エントリーは後場寄りのみなので、短時間で実践が可能なデイトレード! トレードに才能は必要でしょうか? もしも億を稼ぐようなトレーダーになるのであれば必要でしょう。 しかし、投資家として安定的な収益を狙うのであれば才能は必要ありません。 たった1つの「勝ちパターン」を知ることで、そこから派生する無限の勝利が見えてくるのです。
posted by yantaの月収300万 at 17:05| 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術

現役モデルの慶応大生が初心者から始めた株式投資錬金術
チャートは嘘をつかない!月に300万円稼ぐ!







あなたはチャートを見て、その銘柄が買いか売りか一瞬で判断することができますか?


私は、チャートを見て一瞬で、その銘柄が買いか売りか判断することができます。


なぜなら、チャートにはその答えがすべて示されているからです!! その見方を知りたくありませんか?


現役アイドル慶応大生が初心者から始めた月300万円稼ぐ『株式投資錬金術』を大公開!!!
posted by yantaの月収300万 at 08:39| 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

マックの優待券到着

マックの優待券到着

誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法

マックの優待券を調べてみると


マクドナルドの優待食事券
(ハンバーガー類、サイドメニュー、ドリンクの無料引換券が6枚ずつで1冊)


日本マクドナルドホールディングス株式会社では、毎年6月30日・12月31日現在の株主名簿に記載のある株主様に下記の株主ご優待をご用意しております。

100株・200株 保有株主様: 優待食事券1冊
300株・400株 保有株主様: 優待食事券3冊
500株以上 保有株主様: 優待食事券5冊


・バリューセットになっているバーガー類、サイドメニュー、
お飲み物からご希望商品をお選びください。
・1枚の無料引換券につき、ひとつのご希望商品とお引換えいただけます。
・全国のマクドナルド店舗でご利用になれます。
・利用期限は6ヶ月間です。

※一冊に上記のシートが6枚ついています。シートは切り離して単品でもお使いいただけます。
有効期限:2012年3月31日


マックの優待券を金券ショップで売ると

6枚×5=3000円になりそうです。


「日本マクドナルドHD(有効期限3ヵ月以上)
(ポテト・ドリンク・バーガーのセット×1枚)
※6枚セットなので、1冊の場合は6枚×400円計算
になります。 」


Linuxリナックス.LPIC
SJC-P 受けるなら安いチッケト使いましょう。
Oracle オラクル試験を受験
Oracle認定 SJC-Pは1710円安く受験しましょう
posted by yantaの月収300万 at 08:17| マクドナルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

システムトレードで成功したいとお考えの方は

システムトレードで成功したいとお考えの方は

システムトレーダーが行う「システムトレード」とは、
投資を行う際に裁量を排し一定売買ルールに従って売買を行う方法で、
検証(バックテスト)を行うことにその方法を見出します。(ウィキペディアより)

石田高聖の投資塾






近年、この「システムトレード」を実践する方が増えてきました。

しかし、「 システムトレードで、どうも成果が出ない」、 または、
「検証では良い結果が出るが実践では損失が膨らんでしまっている。」 このようなお話を聞くことが多くなりました。

時間をかけて検証し、トレードを行っても、 損失が膨らんでしまっては、
トレードを続けるのさえ、いやになってしまいます。

それではなぜ、せっかく始めたシステムトレードで「勝てない」のでしょう?

おそらくそれは、システムトレードに対する理解が足りなかったり、
トレード方法が相場に合わなかったことなどが考えられます。

ただ、それは一部の投資家の話であって、
実際には、安定的に利益をあげている投資家も存在するのです。

もし、実際に成果を上げている実践トレーダーたちがどのような戦略を行い安定的に収益を目指しているか知ることができれば、
あなたの投資は変わるはずです。

そこで今回開催するシステムトレードフェスタでは、4人の実践システムトレーダーたちが、「安定的に収益を目指すこと」をテーマにシステムトレードにおけるプロのノウハウを公開します。

それぞれの講師の投資環境は異なりますし、実践しているシステムトレードも異なりますので、「安定的な運用を目指すシステムトレード」といえでも、
各講師の実績と経験から基づいたノウハウを学ぶことが可能です。


今回のシステムトレードフェスタでは、

4人のトレーダーの経験に基づいたノウハウと、システムトレードを始めてからなかなかうまくいかない方が今後トレーディングを始める上での考え方、実践方法を学んでいただきたいと考えています。

そのため、システムトレードの入門的な知識を持ち合わせていて、
トレード(株式、FX、先物etc問いません)を1度以上経験したことのある実践投資家、または、知識を十分に備え、 これからトレードを始めようというレベルの方を想定しています。

   過去のセミナーが早期満席となった4人


今回は4人の実績あるシステムトレーダーたちが 安定的にシステムトレードで運用することについて解説致しますが、

実は過去にエンジュクでは4人にそれぞれシステムトレードをテーマとした会場セミナーを開催したところ各講師とも以下のような状況になりました。

・夕凪氏 2010年5月イベント投資セミナー      満席
・一角氏 2009年6月TOPIX先物セミナー       満席
・土屋氏 2007年12月システムトレード構築セミナー 満席

・斉藤氏 2008年10月システムトレードマスター講座 満席

4人とも満席となっています。

そのため、今回のシステムトレードフェスタではこのように多くの個人投資家から支持を受けている講師陣で構成さ れていたので今回も多数の方が参加しました。

以下は、当時参加した方々の感想の一部になります。
・4人の講師みんなの話が聞けてよかったです。(50代、男性)
・色々と新しい知識・ヒントが得られました。(40代、男性、トレーダー)
・内容が濃く、満足のいくものだった。(30代、男性、会社員)
・いろいろな講師の話が聞けたのが良かった。(30代、男性)
・初めて参加したんですが楽しかったです。(30代、男性、トレーダー)
・今回のような良質なセミナーをこれからも開催したい。(30代、男性、会社員)
・こういうセミナーをまたやってください(30代、男性、会社員)

いかがでしょう。
これだけの実績を持っていてと注目を集めている4人がそろったわけですから、今後、この4人が一堂に会する機会はないでしょう。

尚、本講義のセミナーDVDの発売を記念して、
先着100様に限り特別割引(通常価格39,800円 ⇒34,800円)を実施致します。

システムトレードで成功したいとお考えの方は、
今すぐお申込みください。

エンジュク株投資セミナー
個人投資家の為のトレーダーズショップ
石田高聖の投資塾
posted by yantaの月収300万 at 07:24| 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

勝ち続けるトレーダーに共通する考え方

勝ち続けるトレーダーに共通する考え方

「15年間常勝」「月収300万」天才ディーラー2人による夢の対談実現!勝ち続けてきたディーラーによる対談を通じ、“勝ち続けるトレーダーに共通する考え方”を学習します。

天才ディーラー今井雅人&yantaによる夢の対談実現!!

講座趣旨

このセミナーでは、勝ち続けてきたディーラーによる対談を通じ、“勝ち続けるトレーダーに共通する考え方”を学習します。

今回お呼びしたお二方、今井雅人氏、yanta氏は、現在、ディーラーとしてではなく、個人投資家として相場と対峙されていらっしゃいます。

よって、お二方とも元ディーラーというキャリアはお持ちですが、使用しているトレード手法、運用資金量は、私たち個人投資家が実践不可能なものではありませんので、今回の対談は非常に貴重なものになると確信しております。

◆ このセミナーであなたが手に入れられる知識の一部を挙げると・・・
・本当に相場で利益を手にしている人に共通する考え方
・相場で利益をあげるために、最も大切なこととは
・損失を出す人と、利益を手にする人との明確な違いとは

◆ このような方に当DVDをおススメします。
 ・テクニカル分析や、トレーディングの学習は一通りやってみたという方
・相場で食べていきたいと考えている方
・自分のトレーディング成績を飛躍的に向上させたい方
・強い投資家の思考を知りたいと考えている方

相場の世界で勝ち続けていくためには、果たして何が必要でしょうか?

百戦百勝の必勝法でしょうか?オンリーワンのノウハウでしょうか?私たちエンジュクは、それは違うと思います。

そんなものは存在しないことをハッキリと認識することが、強いトレーダーへの第一歩でしょう。

強いトレーダーに共通する思考、心理といった普遍的なことを学び、自分のものとすることこそ、勝つための近道だと私たちは、考えます。

今回のセミナーでは、それらを学ぶための、最高の場所をご提供させていただきます。

ディーラーとして成功し、現在は個人投資家として活躍する2人が、「トレードに対する考え方」「心理」といったことについて、3時間たっぷりと語りつくします。

また、最後の45分は、二人が皆様からの質問に、徹底的にお答えいたしますので、1日で、強い投資家の思考をたっぷりとご理解いただけることと思います。

常勝ディーラー2人の考え方をとことん学べる、またとないチャンスです。

真摯な態度で相場と対峙し、本当に大きな成果を手にしたい方のご参加を、心よりお待ちしております。

天才ディーラー今井雅人&yantaによる夢の対談実現!!



講義概要】

第一部
「毎月300万勝ち続けた私の相場哲学」yanta氏

第二部
「15年間常勝した私の相場哲学」今井雅人氏

第三部
「相場で勝ち続けるための真理」対談 yanta氏・今井雅人氏

第四部
質疑応答


エンジュク株投資セミナー

石田高聖の投資塾
posted by yantaの月収300万 at 08:27| 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

高勝率トレード学のススメ 小さく張って着実に儲ける

高勝率トレード学のススメ 小さく張って着実に儲ける

あなたも利益を上げ続ける少数のベストトレーダーになれる!








「成功するトレーダーになるための魔法の公式など存在しない。ひとつだけあるとすれば、それが本書だ」――マイケル・スタインハルト(伝説のヘッジファンドマネジャー)

高確率な押し・戻り売買と正しくオシレーターを使って、運やツキでなく、将来も勝てるトレーダーになる!

夢と希望を胸にトレーディングの世界に入ってくるトレーダーのほとんどは、6カ月もしないうちに無一文になり、そのキャリアを終わらせる。この世でこれほど高い「授業料」を払う場があるだろうか。こうした高い授業料を払うことなく、最初の数カ月を乗り切り、将来も勝てるトレーダーになるためには、市場での実績が証明されたプログラムが不可欠である。本書はこのような過酷なトレーディングの世界で勝つためのプログラムを詳しく解説したものである。

トレーディングの現実を著者独自の観点からあぶり出し、短期トレーダーと長期トレーダーたちによる実際の成功例や失敗例をチャートとケーススタディを通じて検証する本書は、まさにトレーディングの生きたガイドブックといえるものである。 本書のテーマは以下のとおりである。

* 成功するトレーダーたちに共通する10の特徴を知り、それを身につけるための方法
* トレーディングという勝負の世界で感情をコントロールするための方法
* トレンド、ブレイクアウト、リバーサルなどを見つけるためのテクニカル分析の手法
* 効果が市場で実証されたシグナルに基づき、常にベストな仕掛けと手仕舞いのタイミングを計る方法
* 「ニュースでトレード」する方法――ニュースがすでに価格に織り込み済みかどうかを見抜くことが大切
* 損失が拡大する前に悪いトレードを手仕舞う方法

最高のトレーダーは、勝算があると思ったときにだけトレードを行う。本書では、低確率な状況と高確率な状況とを見分け、高確率な状況下でのみトレードする方法を紹介する。多くのトレーダーの弱点と陥りやすい過ちを指摘するだけにとどまらず、こうした欠点を理解し克服することでそれらを有利に活用する方法についても解説する。

「悪いトレーダーはいない。悪いのはトレードである」とは言い尽くされた言葉ではあるが、事実でもある。悪いトレードを行わないようにすることも、勝つための条件のひとつである。そのためには、悪いトレードを見抜く目を養わなければならない。本書ではその方法を提示する。それと同時に、チャート、トレーディングのヒント、市場の各状況におけるトレーダーの実例をふんだんに取り入れ、トレーダーに自問自答すべき問題を随所で投げかけながら、市場を自分のものにするための知識とツールを余すことなく伝授する。これらの知識とツールを組み込んだ独自のトレーディングプログラムを手に入れたあなたの勝率は飛躍的に伸び、エリートトレーダーへの仲間入りも夢ではなくなるだろう。こんなパワフルな本がこれまでにあっただろうか。
目次
第1部 トレーディングの心得

第1章 トレーディングの授業料
学習期間
つもり売買も役には立つが、つもりは所詮つもりで現実とは異なる
トレーディングの授業料
過ちから学ぶ
悪い習慣を助長するな
「最初から儲けるのだ」という呪文
貴重な資産を減らすな
小さく考えよ
破産
決意が必要
日記をつける
日記には何を書けばよいのか
日記の見直し
プロのトレーダー
トレーニングプログラム
個人的な意見
優れたトレーダーになるためには

第2章 現実的な目標を設定しよう
現実的な目標設定
現実的な目標を立てよう
負ける日もあることを忘れるな
口座の最低額
最終目標だけでなく、個別目標も立てる
市場別目標
個人的な目標
現実的になれ
トレーディングはビジネスだ
ビジネスプランを立てよう
私自身の経験
優れたトレーダーになるためには

第3章 ハンディをなくせ
相手はプロ
ハンディをなくせ
インターネットとオンライントレーディング
やりやすくなったデイトレーディング
オンライントレーディング
ツール
プロとアマチュアの違い
優れたトレーダーになるためには

第2部 ニュースの利用

第4章 ニュースでトレードする
ファンダメンタリスト対テクニカルアナリスト
何かを知り得ても、あなたが最初ということはまずない
噂で買って、事実で売る
下がるべきなのに下がらないのは上昇のサイン
良いニュース? それとも悪いニュース?
市場はやりたいことをやる
予想外のニュースと予想どおりのニュース
ファンダメンタルズを最大限に活用する
自分の考えを変える柔軟性を持て
客観的になれ
優れたトレーダーになるためには

第3部 テクニカル分析

第5章 複数の時間枠でチャンスを広げよ
複数の時間枠を見る
短期展望主義対長期展望主義
複数の時間枠――視野を広げよ
全体像をつかめ
トレードのモニタリング――支持線および抵抗線の位置の確認とストップを入れる位置の決定
トレーディングには自分のスタイルに最も合った時間枠を用いる
長い時間枠を使うことのメリット
トレードのチェック――同じインディケーターまたはシステムを複数の時間枠に適用 異なる時間枠を増し玉に利用する
それぞれの時間枠における市場の振る舞いを知る
優れたトレーダーになるためには

第6章 トレンドでトレードする
トレンドとは何か
トレンド
トレンドライン
チャネル
大局をとらえる
トレンドラインのブレイク
追っかけはやるな
相場に逆らうな
トレンドフォロー系インディケーター
移動平均線
ADX
リトレイスメント(押し・戻り)
トレンドの測定
優れたトレーダーになるためには

第7章 オシレーターを使う
オシレーター
オシレーターの役割り
オシレーターの基礎
ストキャスティックス
RSI
MACD
オシレーターを使ってトレーディングのタイミングを計る
オシレーターの間違った使い方
オシレーターによるトレーディング
トレンドを利用したトレーディング
複数の時間枠
優れたトレーダーになるためには

第8章 ブレイクアウトと反転
ブレイクアウト――勢いのある側でトレードする
ブレイクアウトはなぜ発生するのか
ブレイクアウトのタイプ
レンジ相場のブレイクアウトパターン
ブレイクアウトによるトレードでしてはならないこと
ブレイクアウトによる高確率トレーディング
ブレイクアウト発生を出来高で見る
カウンタートレンドラインのブレイク
高値の更新
反転
相場はなぜ反転するのか
動きの大きさを測定する
仕掛けのタイミング
高確率ブレイクアウトと低確率ブレイクアウトの違いを見分けることの重要性
典型的なブレイクアウトシステム
優れたトレーダーになるためには

第9章 手仕舞いとストップ
損切りは素早く、利食いは遅く
早すぎる手仕舞い
利食いは遅く
手仕舞い戦略
仕掛けた理由が変わったら手仕舞え
重要なのは負けトレードであって、勝ちトレードではない
ストップは絶対確実なセーフティネットではない
ストップの間違った使い方
ストップの種類
複数の時間枠による手仕舞いタイミングの微調整
ストップがヒットする理由
ストップと反転
ストップとボラティリティ
標準偏差の利用
優れたトレーダーになるためには

第10章 高確率トレーディング
ネコのソフィー
高確率トレーダーになるためには
プランを持つ
典型的な高確率トレーディングシナリオ
トレードする明確な理由を持て
手を広げすぎるな
辛抱強く良いトレーディング機会を待て
リスクとリワード
ポジションサイズ
市場の動きを把握する
低確率トレーディング
優れたトレーダーになるためには

第4部 プランに基づくトレーディング

第11章 トレーディングプランとゲームプラン
トレーディングプランとは何か
トレーディングプランの作成
プランはなぜ必要なのか
トレーディングプランを構成する要素
ゲームプラン
規律
優れたトレーダーになるためには

第12章 システムトレーディング
システムとは何か
トレーダーはなぜシステムを使うべきなのか
システムは買うべきか、自分で作成すべきか
どんなシステムを選ぶべきか
自分はどういったタイプのトレーダーなのか
いろいろなトレーディングスタイルとシステム
相場のさまざまな状態への適応
ストップと手仕舞い
複数のシステム
システマティックトレーダー対自由裁量的トレーダー
よくある過ち
サンプルシステム
優れたトレーダーになるためには

第13章 バックテストについて
なぜバックテストが必要なのか
トレーダーがバックテストでよく犯す過ち
バックテストの方法
システムの評価
手数料とスリッページ
優れたトレーダーになるためには

第14章 マネーマネジメントプラン
ギャンブラー
マネーマネジメントプランを持つことの重要性
マネーマネジメント――勝つトレーダーが共通して持っているもの
マネーマネジメントの目的
貴重な資産を守れ
マネーマネジメントプランの構成要素
リスクレベル
取るべきリスク量を知る
直近のトレード結果に左右されるな
十分なトレード資金を準備せよ
小口口座
自分の戦略は正の期待値を持っているか
優れたトレーダーになるためには

第15章 リスクパラメータの設定とマネーマネジメントプランの作成
十分な資金があるかどうかの確認
資力に見合ったトレードを行う
ディフェンスが第一
リスクパラメータとマネーマネジメントパラメータの設定
マネーマネジメントプランに含むべき項目
マネーマネジメントプランの作成
マネーマネジメントプランに含むべき項目例
優れたトレーダーになるためには

第5部 自己管理

第16章 規律――成功へのカギ
規律は成功へのカギ
ふさわしい時期が来るまで待つという規律を持つ
オーバートレードしないという規律を持つ
トレーディングシステムを開発・バックテストし、それに従うという規律を持つ
トレーディングルールを設定してそれに従うという規律を持つ
トレーディングプランとゲームプランを作成して、それに従うという規律を持つ
事前に下調べをすませておくという規律を持つ
マネーマネジメントパラメータに従うという規律を持つ
損失限界を設けるという規律を持つ
トレードを手仕舞うという規律を持つ
勝っているトレードは長く保有するという規律を持つ
過ちから学ぶという規律を持つ
感情をコントロールするという規律を持つ
自分を律することの難しさ
優れたトレーダーになるためには

第17章 オーバートレーディングの危険性
トレードを選べ
トレーディングは安くはない
焦点を絞れ
なぜオーバートレードするのか
感情によるオーバートレーディング
市場環境が生み出すオーバートレーディング
優れたトレーダーになるためには

第18章 内面を鍛えよ――常に冷静であれ
「もしも」
常に冷静であれ
心の葛藤
休みをとる
幽体離脱体験
悪い習性
冷静さを取り戻す
優れたトレーダーになるためには
posted by yantaの月収300万 at 05:13| 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
東京で優良物件を購入できる
驚異の不動産投資法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。